sakura-ankoのブログ

月1回海外旅行を楽しむ30代女子の海外生活withわんこ

香港🇭🇰に出向して約2年半で感じた文化の違い。日本人がおかしいの?

香港に出向して感じる文化の違い

生まれた国、育ってきた環境が異なれば価値観って大きく変わるんだなーと今でこそ理解しようと勤めてますが、香港にきた当初はなんで?どうしてと否定する毎日。

しかし、否定する気持ちはきっと言葉に出さなくても相手に伝わるものできたばかりの時は何をしても上手くいかない日々でした。

f:id:sakur-anko:20191117214023j:plain

そんな2年半で特に日本と違うなーと感じたことを書きます。

香港は転職文化

これは日本とは大きく異なりますね。日本では最近やっと終身雇用が終わったとささやかれてますが、まだ根強く残る文化だと思います。

1つの仕事を退職まで頑張って基本給を上げて行く。昇格しなくともいるだけでベースアップは当たり前で会社としては長期雇用するだけで人件費というコストを上げている。

香港では2年から3年で転職するのは当たり前、転職するときに今もらっているベースから10%ほど賃金を上がるような職場を見つける。そしてタイトル(役職)も上げて行くのです。

日本だと転職=リセット、香港は転職=昇給みたいなイメージです。

だから転職しても前職の経験を活かしてすぐに役職につくことも可能です。

私も人事担当のため面接することが多いのですが履歴書でも1年以上仕事が続いていたら安定と判断するようになるくらい1年以下で転職を繰り返す方も多くいます。

f:id:sakur-anko:20191117214204j:plain共働きは当たり前、重要なポジションに女性が任されていることが多い

家賃が高く物価も高い香港では家族を持たれている方でも共働きは当たり前で役職を持っている女性が本当に多いです。日本でも女性の活躍の場を作ったり、女性に役職をつけることを前向きに考え出してはいますがまだ男尊女卑の考え方は残っていると思います。この香港では逆に女性が強いです。

そして男性が本当に紳士的な方が多いです。

f:id:sakur-anko:20191117215734j:plain

ゴールは一緒。でもその過程は自由でいいんじゃない??

日本だと決まったレールを走ることが大切だと思います。しかし香港では結果が出れば過程なんて気にする必要あるの??みたいな考え方です。

例えばローカル企業だと9時に始業ですがみなさん9時過ぎに出社なんて当たり前

何時にきてもその日のノルマをやったらOKでしょう?って考え方なので遅刻の概念はあまりないのです。驚きですよね?

日本人は本当にきちきちしている働き方だから香港人にとっては無駄だと感じられる部分が多いようで口論することが多いです。

f:id:sakur-anko:20191117220152j:plain

言いたいことは言う香港、言いたいことなんて言えない日本

日本人は争いことを遠ざける傾向があり、香港人にはその考え方がありません。

合わない人とは付き合わないし、自分たちの意見をはっきりと言います。だからこそ賃金の交渉なんて当たり前です。この前よく一緒に旅行する連れは香港人なんですが最近よく喧嘩をします。『自分たちの考え方をぶつけてその人の考え方を知る機会だから私は喧嘩することはいいことと思う』って言ってました。

マジか。。そんな考え方微塵にもなかった。

 

このように考え方が異なり、今でもその違いに戸惑うことが多々あります。

そもそも日本人が世界的にみて特殊な考え方を持っているのでしょうか??まだ一カ国しか経験してないので判断がつきません。もしこれを読まれている方で他の国も経験している方がいれば是非ともご教授お願いいたします!!