sakura-ankoのブログ

月1回海外旅行を楽しむ30代女子の海外生活withわんこ

ミャンマー 🇲🇲実際に行ってみた観光地の行く価値があるか?ないか?

ミャンマー 🇲🇲ヤンゴン観光地

ミャンマーの観光地ってあるの?と思われる方も多いと思います!もちろんあります!!

チャウッターヂー・パゴダ

この場所に来るまで歩きましたが後悔しました。暑すぎます。

入り口で日本人ですかー?とローカルの日本語が話せる人に声をかけられて少し話したら今日のスケジュールプランを聞かれます。この後営業の話になりそうなので逃げます。日本語が話せると少し安心してしまいますが危険です。

f:id:sakur-anko:20191109132902j:image

ミャンマーの寺院はどこでも靴を脱ぐ習慣があるみたいです。

おかげで観光した日は足が真っ黒になります。嫌な方は靴下のご用意を
f:id:sakur-anko:20191109132755j:image

入り口から入ってからは少し長い廊下があり、商売をしている人もいますが

あまり声をかけられることはなかったですね。地元の人向けなのか??

そしてすぐに巨大な微笑んでいる仏像があります。これをみたらタイのワットポーのカラフル版だと思っちゃいました。タイは46mでこちらは70mとこちらのほうが大きいですね!
f:id:sakur-anko:20191109160744j:image

足の裏には涅槃の世界を表現をしているそうで細かな文字と絵が描かれてます。
f:id:sakur-anko:20191109160729j:image

あまりの暑さにショッピングモールへタクシーで移動いたします。

ミャンマープラザ

ショッピングモールは入り口に必ず荷物検査があり、警備の厳しさを感じる反面治安悪いのかな?と心配になります。

モールには結構他国の飲食店も出ておりご飯をいただきます。近くにあるインヤー湖もあり行きましたが特に印象に残ってないため割愛

f:id:sakur-anko:20191110092611j:plain

ホテルに荷物を置いて向かった先は

ヤンゴン・セントラル駅

こちらは日本の中古電車の聖地と言われているそうで中にまでは入らなかっず上から

観察しました。私はテツコではないため全くわからなかったです。

明日のバスのチケットを購入ついでだったので行く価値は正直ないです。
f:id:sakur-anko:20191109132724j:image
f:id:sakur-anko:20191109132733j:image

スーレーパコダ通り

これは感動しました!歩いているとすぐに見つけることができますし

是非とも夜行ってみてください。街の奥に黄金に輝くお寺はこのヤンゴンでしかみられない景色ではないでしょうか?

f:id:sakur-anko:20191110093833j:plain

ミャンマーはお寺が多く全て同様な形をしています。

f:id:sakur-anko:20191110093914j:plain

こちらは外観だけ見て終了

ヤンゴン川近くのポダダングパコダへ

こちらはゴーダマブッタの神聖な髪の毛と思われているものが収められていると

外国人は入場料が必要となります。敷地も広々としており、地元のかたが団体で座っておしゃべりしていたりと憩いの場のように感じます。

f:id:sakur-anko:20191110094532j:plain

f:id:sakur-anko:20191110094528j:plain

工事中でしょうか?

竹の外枠がつけられてました。これまた外観もきらびやか、中もきらびやかなお寺です。

f:id:sakur-anko:20191110094626j:plain

ここは絶対に行って欲しい!!ヤンゴンで1番大きなパコダ。シェダコンパコダ

ここは圧倒的に他のお寺と異なります。まずは敷地です。入口からパコダ内に入るまで時間を要します。
f:id:sakur-anko:20191109132705j:image

中はこのように金です。男性も民族衣装のロンシーを来ているのでスカートを履いているように見えます。こちらお寺の中にエスカレーターがあります。
f:id:sakur-anko:20191109132644j:image

お寺に中も金一色で塗装されております。

人の多さ全く異なります。とにかく地元、観光客と大勢このお寺に集まっております。
f:id:sakur-anko:20191109160740j:image

こちらも竹枠で包まれており、通常と異なると思いますが、これはこれで今しか見れないですよね。とにかく他のお寺とは規模感が異なりますので絶対にヤンゴンにお越しの際は行かれてください。

私はお寺は全て夜に行ったのですが裸足で入らなくてはいけません。

40℃を超えるミャンマーでは床が熱い石となりますので、慣れてない方は火傷をし兼ねますのでご注意ください。

f:id:sakur-anko:20191110095811j:plain

あともう1つご紹介したい観光地がありますが

そちらは長くなりそうなので明日のブログで記載いたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村