sakura-ankoのブログ

月1回海外旅行を楽しむ30代女子の海外生活withわんこ

ドイツ ベルルン旅行①

ロンドン旅行があまりにも異世界で幻想的だったと余韻に浸りながらドイツへ移動します。飛行機はeasy jet というイギリスに本社置いている格安航空会社

チェックインも全て機械化しており効率的にチェックインすることができました。

f:id:sakur-anko:20191012130411j:plain

この風景を見るだけで好奇心が高まります。私は飛行機では断然窓側がいいです。

ベルリンの電車の事情

着いたのはベルリン・シェーネフェルト空港

ベルリンではテーゲル空港ついで2番目に大きな空港ですが、圧倒的な田舎な感じはします。何より敷地が広い

f:id:sakur-anko:20191012130438j:plain

ドイツの電車にカルチャーショックを受けましたのでここで共有します。

①改札口がない

切符を購入する箇所は電車の乗り口切符を購入する機械が置いてありそこで購入してそのまま乗車

え?チェックしないと購入せずに乗りたい放題では?

そこは乗ってから駅員さんが確認するので(絶対ではない、私たちは結局確認されず)

そこでチケットを持っていなかった場合は罰金60ユーロ(8000円弱)

また、必ずチケットを打刻して有効化していないと罰金の対象となります。

私もこの時は何も調べておらず、友人が何度かドイツに来たことあるので教えてもらいましたが、旅行に行く前にその国の交通ルールは調べることをお勧めします。

知らなかっではすまずにお金という対価を支払わないといけません。

f:id:sakur-anko:20191012133212j:plain

②電車内に自転車専用の場所がある

f:id:sakur-anko:20191012130456j:plain

写真の通り自転車マークがあり自転車を乗り入れできます。

もちろん場所も広々と確保されてます。ベビーカーも多く、ベビーカー自体も日本のものとは違って大型です。そのようなスペースがあると子供にも優しい国だと思いますよね。

③ペット乗車OK

こちらは個人的アジアも早くこのようなルールになってほしいです。

どの駅、お店でも動物が当たり前に入れます。しかもしっかりと躾されており

動物にとってとても暮らしやすい国ですね。このような考え方はアジア諸国と大きく異なります。

f:id:sakur-anko:20191012133300j:plain

 

そんなベルリンになぜ来たかというと、こちらなんとバレーボールを見にやってまいりました。

f:id:sakur-anko:20191012130519j:plain

友人はこの時、バレーボールにはまっておりいち押しが日本代表の柳田選手

そのために何度もドイツに足を運ぶくらい大好き

この日の試合も柳田選手のファンの日本人が来ており、友人に話しかけて盛り上がってました。日本からわざわざ!?衝撃的でした。。

もっと衝撃的なことは試合が終わりたまたま柳田選手と会い友人が話しかけられたことです。名前も覚えていてくれたみたい、ファンとしては感動ものですね。

 

そんなこんなでベルリン1日目が終わりホテルには23時に到着

ゆっくり寝ます。